055-236-3313

甲府市川大門線 昭和住宅公園近く

〒400-0043 山梨県甲府市国母7丁目4-12

鼻の病気

鼻の病気について

鼻炎

鼻炎とは

鼻炎とは

鼻の粘膜が炎症している状態を鼻炎といいます。鼻炎には、ウイルスや細菌が鼻腔に侵入して、それらが増殖して炎症を起こす急性鼻炎(いわゆる鼻かぜ)をはじめ、鼻の粘膜の炎症が長期に渡って続く、あるいは急性鼻炎を繰り返すことによって、鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れている状態を慢性鼻炎といいます。

急性鼻炎について

鼻腔に侵入してきたウイルスによって粘膜が炎症している状態が急性鼻炎で、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、せき、頭痛、発熱、全身倦怠感といった症状がみられます。ウイルスに効く特効薬というのはありませんので、これらの症状がつらい場合は、対症療法を行います。鼻水を改善したい場合は、抗ヒスタミン作用を有した薬を服用します。鼻の通りを良くしたい場合は血管収縮剤や粘液溶解剤を使用します。また、発熱に対して解熱鎮痛剤や局所療法としてネブライザーを行う場合もあります。急性鼻炎は、しっかり治療を行えば、通常であれば数日間程度で改善します。

慢性鼻炎について

鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れている疾患が慢性鼻炎です。急性鼻炎を繰り返す、あるいは長引かせてしまうことで発症すると言われています。

慢性鼻炎には単純性鼻炎と肥厚性鼻炎の2つのタイプがあります。前者は、粘膜が赤く腫れた状態が持続している状態です。一方の後者は症状が長引いてしまったことで、鼻腔粘膜が厚く硬くなってしまっており、血管収縮剤を噴霧しても腫れがとれることはありません。

主な症状は、鼻水・鼻づまりをはじめ、鼻みずがのどの奥に流れ落ちていく後鼻漏、鼻粘膜の腫れなどです。鼻づまりについては、単純性鼻炎では片側のみ、もしくは左右交互に現れます。また、肥厚性鼻炎は両側の鼻づまりが同時に起こります。いずれにしても慢性鼻炎は治りづらいことから、急性鼻炎のうちにしっかり治療しておくことが大切です。

なお慢性鼻炎の治療につきましては、鼻の粘膜を収縮させることで鼻づまりの症状を緩和させるためステロイド剤や血管収縮剤の点鼻を定期的に行うようにします。またアレルギー性鼻炎を併発していれば、抗アレルギー剤などの内服薬も併用します。薬物治療にて効果が不十分の場合は、腫れた鼻粘膜を切除するような手術も検討します。

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞と4つの空間に分かれている副鼻腔にウイルスや細菌(咽頭炎、扁桃炎、虫歯)などが感染し、粘膜が炎症を起こしている状態をいいます。このような場合、副鼻腔に溜まった膿などの分泌物は排出されなくなるなどして、さらに症状は悪化するようになります。

同疾患は、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎に分けられます。急性では、膿が混じることで悪臭が漂う鼻水、炎症を起こしている場所(顔面)の痛み、咳、発熱、頭痛などが現れます。炎症がひどい状態になると、眼窩蜂巣炎、髄膜炎といった合併症を引き起こすこともあります。治療についてですが、ウイルスが原因の場合は対症療法として、消炎剤、去痰剤、解熱鎮痛剤を用います。細菌感染が原因であれば、抗生剤を使用します。また副鼻腔内の換気と排泄を行うためのネブライザー療法も行います。

慢性副鼻腔炎とは、急性副鼻腔炎が治りきらないで慢性化している状態を言います。一般的には蓄膿症と呼ばれています。慢性的とは副鼻腔炎がおよそ三ヵ月以上続いている場合を言います。長期化すると鼻ポリープができるようになり、これによって鼻づまりがひどくなるほか鼻水の粘度も増してきます。治療については鼻(副鼻腔)の洗浄、アレルギーが原因であればステロイド点鼻、その他の対象療法として、抗生剤、消炎酵素剤、粘液溶解剤などを使用します。これらで改善効果がみられない場合は、内視鏡を用いて異常粘膜の除去や鼻腔と副鼻腔をつなげる内視鏡下鼻副鼻腔手術を行うこともあります。

鼻出血

鼻出血とは

鼻腔からの出血のことで、簡単にいうと鼻血(はなぢ)です。鼻の粘膜は大変薄いので、いじったり、鼻をかんだりして粘膜が傷つくだけでも出血することはあります。また鼻出血と併せて、くしゃみや鼻水が伴うのであれば、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻かぜの可能性もあります。出血部位は、鼻の入り口付近1-2cmの「キーゼルバッハ部位」が多いです。お子さんの鼻出血はほとんどがこの部位からであり、落ち着いて座らせ、指で小鼻を両側からしっかりつまみ圧迫することで、5-10分で止めることができます。

頻度は多くはありませんが、鼻の奥にある比較的太い血管が動脈硬化などの影響でもろくなり、動脈性の出血を起こす場合があります。中高年で特に高血圧の人に多く、出血は激しく、鼻からだけでなく口の方からもあふれるほど大量に出血する場合は、ここからの出血を疑います。この場合は一刻も早く医療機関に受診する必要があります。

また、糖尿病をはじめとする生活習慣病や肝硬変などの全身疾患を患っていたり、「抗凝固薬」を服用している方などは血が止まりにくくなるため、それによる鼻血ということもあります。さらに鼻血を繰り返す、出血が止まりにくい場合は、白血病や子どもに多くみられる血友病、血管性紫斑病ということもあります。ただこれらのケースは非常に稀です。

鼻出血が直ちに何らかの病気に影響することはありませんが、出血がいつまでも止まらない、量が多い、何度も繰り返すのであれば、ご相談ください。

嗅覚障害

嗅覚障害とは

嗅覚障害とは、嗅覚に何らかのトラブルが生じ、においが感じられなくなっている状態です。簡単に言うと、鼻が詰まっているわけでもないのに鼻が利かなくなっているということです。そもそも嗅覚とは、においの元になる嗅素が「嗅粘膜」に付着し、嗅神経を刺激し大脳に伝わることでにおいがわかるようになるのですが、この経路のいずれかで障害が起きてしまうと、においを正常に感じられなくなってしまいます。

同障害は、その原因によって嗅覚脱失(においが全くわからない)、嗅覚減退(嗅ぐ力が弱まる)、嗅覚過敏(においに敏感になる)、嗅覚錯誤(悪臭と感じる)、嗅覚幻覚(実際にないにおいを感じる)の5つの症状のどれかがあらわれます。また、障害部位によって「呼吸性」「嗅粘膜性」「嗅神経性」「中枢性」に分類されます。呼吸性とは、鼻腔内の物理的な閉塞によってニオイ成分が急粘膜に到達しない状態で、ポリープを伴う慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などが原因になります。嗅粘膜性とは、鼻炎や副鼻腔炎によって嗅粘膜が障害されることによって起こります。嗅神経性とは、感冒の原因となるウイルスの感染や薬剤などによって嗅神経自体が障害されることによって生じます。中枢性とは、頭部外傷、脳腫瘍、脳梗塞、アルツハイマー病、パーキンソン病などによって中枢系が障害されることによって起こります。

治療につきましては、症状の程度や原因疾患によって異なります。診断の結果、薬物療法が有効と医師が診断すれば、ステロイドの点鼻療法、ビタミン剤や漢方薬の内服を行い、副鼻腔炎(慢性)による嗅覚障害であれば薬物療法や内視鏡下鼻副鼻腔手術が検討されます。なお嗅覚障害を訴える患者様の約40%は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の患者様と言われ、後は風邪を引いたこと(感冒後嗅覚障害)、頭部外傷(外傷性嗅覚障害)などが続きます。

甲府昭和みみ・はな・のどクリニック

診療科目
耳鼻咽喉科
住所
〒400-0043
山梨県甲府市国母7丁目4-12
駐車場
25台分(障害者用駐車場1台含む)
電話番号
055-236-3313
アクセス
甲府市川大門線 昭和住宅公園近く
電車
身延線国母駅から徒歩8分
バス
山梨交通
敷島〜附属病院(千秋橋経由)
県立中央病院〜鰍沢(南湖経由)
国母8丁目バス停を降りてすぐ(徒歩1分以内)
受付時間 日祝
8:45~12:15
15:00~18:30

休診日:水曜日、日曜日、祝日
土曜日は9:00~13:00
*初診の方の受付は、午前中は12時まで、午後は18時まで